2009/07/31

フランダースの犬

アントワープといえば、『フランダースの犬』。主人公のネロが見たいと熱望していた絵が、アントワープの大聖堂にあります。

というので行ってきました、大聖堂。

大聖堂

この大聖堂の前のベストポジションにいるのが

ルーベンス

その絵の作者、ルーベンス。堂々とした立ちっぷりです。

さて、この記事を書くにあたって『フランダースの犬』のラストシーンを見ていたら、衝撃の事実が発覚。

ラストシーンの絵だと思って撮ってきたこの絵。

聖母被昇天

なんとネロが最後に見たかった絵じゃなかったみたいです。こちらは『聖母被昇天』という絵で作中にも登場しているのですが、最後にでてくるのは「キリストの昇架」と「キリストの降架」という絵。天使がふわーっとおりてくるイメージが強かったのでついつい……。

これを機に今度はぜひとも『フランダースの犬』を全部見てみたいもの。なんとアメリカ版ではハッピーエンドになっているそうで(Wikipedia情報)そちらも興味津々です。

そのほかアントワープの名の由来となった『ブラボーの噴水』や(いちばん上の人がブラボー。よーく見ると人の手首!を持ってます)

ブラボーの噴水

13世紀に要塞として使われていた現・国立海洋博物館など

国立海洋博物館

見所満載。日程の都合でなんとなく寄ることにしたアントワープでしたが、今回の旅の中でも1、2を争うほど良い街でした。しかし、1日でまわるには限界も。次の旅の楽しみにしたいと思います。

さいごはネコバスちっくなバスに乗って国境越え。

ユーロライン

いよいよフランスへ~

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/27

ベルギー、オランダの花事情

園芸ブログらしく、今回はこのふたつの国の街の植物のようすをお伝えしたいと思います。

こちら、ライデンの花屋さん。

ライデン

とにかく目立つのは盆栽風のなにかの木。何の木かよくわかりませんが、日本で盆栽にする木とはなにかが少し違う…といった風情の木です。

以前盆栽を調べていたときに『メラレウカの盆栽』というのを見たことがあるので、そういう木なのかも。(ちがったらごめんなさい…)とにかく立派!

こちらで豪華に咲いているのは

ライデン

おなじみのアジサイです。ちょうど花の時期だったので、咲いているのをあちこちで見かけました。

アントワープ

ここでは、玄関前に2種類のアジサイ。この高低つけた置き方はかっこいいですねー。

そして、ヨーロッパといえば(?)やはりバラ。こういう色あわせをできるのは大変うらやましいです。

アントワープ

このバラ、手前の鉢から生えてるのかと思ったら、どうやら地面に植えてあるようす。勝手に敷石をはずして植えちゃった感じです。

アントワープ

こちらは潔くヤツデオンリーの植栽。オランダもベルギーも街中の緑がとってもかわいらしいんですが、よく見ると適当な感じがたまりません。だから居心地良くかんじるような気がします。

最後にオランダから……

オランダ

ながーいモップで窓を拭く人。効率がいいのか…悪いのか……。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/25

アントワープのユースホステル

だんだん暑さも本格的になってきました。ついにパソコンをエアコン部屋に移動して書いてます。

さて、まだまだ涼しかった7月はじめ、アムステルダムで一泊した翌日アントワープに向けて出発。タリスという新幹線のような電車もありますが、在来線を乗り継いでアントワープをめざします。

090725a

ところで、今回いちばん不安視していたのがアントワープのユースホステル。混雑する時期なので、日本から予約していました。

が、このユースホステルの口コミを見ると

「設備は最高!だけど街から遠すぎ!」

「夜に到着したら街灯も何もなく、探すのに1時間もかかった。」

「渡る橋をまちがえると最悪。」

……など、など。

不安をあおる内容ですが、要するに『昼間』『時間によゆうをもって』『渡るべき橋を渡って』行けば、なんとかたどり着けそう。地図を見ても

Op Sinjoorke

そんなに複雑そうではないのですが(Aの地点)。

しかし、そこはそう簡単にはいくはずもなく。地図の場所あったのはどこからどうみても民家。たまったま座っていたおじさんに場所を聞き、荷物を持ったまま散々歩いたあげく、ようやく見えてきました……

Op Sinjoorke

ユースホステルですが、こんなにステキな場所にあるのです。ステキすぎてわからない……。

Op Sinjoorke

しかし、口コミどおり設備は万全。中庭ではバーで買ったビールを飲んだり(とても安いです)

Op Sinjoorke

卓球台もあったり

Op Sinjoorke

場所さえわかればほんとうに居心地のいい場所なんです。

とにかくこのユースホステルの罠は、グーグルマップで探すと

Op Sinjoorke

上のAの場所を示すのに、実際の場所は

Op Sinjoorke

だってことです。ちなみに、渡るべき橋は

Op Sinjoorke

地図上では道ですらありません。

ちなみにそのときの、渡るべき橋のようす。

Op Sinjoorke

……工事中で通行止めです。 こういう情報は事前に教えていただきたい……。

泊まったのは Op Sinjoorke という名前のユースホステル。


より大きな地図で TaBeeタビーガーデン を表示

アントワープへお越しの際は、探検気分でぜひ!

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/24

アムステルダム名物

名物……といわれているかどうかはさておき、アムステルダムでしか見たことがないなーと思うものをふたつ。

まず、このアイスクリーム。

アムステルダム

ごくふつうに見えますが、食べてみると

ぬるい!そしてうまい!

溶けないアイスといえばトルコのドンドルマですが、こちらもなかなか溶けません。売っているのはこんなお店。

アムステルダム

人がひとり通れるくらいの狭いお店です。ぬるいアイス、オランダ国内ではメジャーなんでしょうか。何度も食べたくなる味です。

そして、もうひとつがこちら。

アムステルダム

あげたてのあつあつな感じがたまらないこのコロッケ、なんと……

アムステルダム

自販機で売ってます。

なぜさくさくしているのか、いつ補充してるのか、なぞの多い自販機ですが、けっこうな人気。おなかいっぱいになります。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/22

日焼け

旅行記の途中ですが、昨日パリから帰国しました。まったくどうでもいいことなんですが、とにかく帰って来てまず気づいたのは

日焼け

…ってことでしょうか。指のあいだが白く見えるまで焼けたのは、小学校ぶりな気がします。

思い返してみると、日差しの強さが半端なかったような…。そのわりには空気が乾燥しているので

日焼け

ことが日焼けの原因か。

そのうえ日没が22時近く。

日焼け

考えてみると日照時間も半端ないですねー。ふだんこんなに日焼けするほど外にでることもないので、なんだか新鮮。でも、もし夏にヨーロッパに行く方で美白命!の方は要注意です。

しかしこんな強烈な日差しのもと、日光浴するパリジャン、パリジェンヌ。涼しげに見えますが、気温30℃を超えてます。

日焼け

パリジェンヌにはなれないな……と思う一瞬です。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/18

アムステルダムの花市

アムステルダムでの目的は美術館でも博物館でもなく『花市』。シンゲル運河沿いに並ぶので『シンゲルの花市』とよばれるそうです。

運河沿いにずらりと並ぶ市場。

シンゲルの花市

店をのぞくと、球根!

シンゲルの花市

球根!

シンゲルの花市

多肉!

シンゲルの花市

多肉好きの方にもう一枚。変わったものがあるでしょうか?

シンゲルの花市

そして球根!!

シンゲルの花市

まさかの盆栽コーナーも充実。

シンゲルの花市

おみやげ用でしょうか、缶詰も。

シンゲルの花市

この値段が高いのか安いのかよくわかりませんが、とにかくすごい数。こんな店が近所にあったら、物欲がとまらなそうです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/07/17

ライデン大学 植物園

シーボルトハウスを出て10分ほど歩くと、ライデン大学の植物園に到着します。この植物園は、シーボルトが持ち帰った約500種類の植物が植えられています。

ライデン大学

こちらにもシーボルト像が。

ライデン大学

日本より花の時期が遅く、ちょうどアジサイが満開でした。アジサイに日本人の妻の名前である『オタクサ(お滝さん)』の名をつけるほど、シーボルトはアジサイを愛していたそうです。

このシーボルト像、こんな場所に建っています。

ライデン大学

手前に咲いているのはヤマアジサイのようで、その後ろには葉の細いモミジ。像の脇には大株のギボウシもあって、和の趣です。

植物園のまわりの建物も、テーマパークのようなかわいらしさ。

ライデン大学

花の時期にあたったこともあり、どこを撮っても絵になる植物園です。

ライデン大学

ドクダミが増えすぎやしないかと、余計な心配をしつつ

090717i

最後に、ひとつで2人分はあるでっかいケバブを買って(500円くらい)ライデンともお別れ。

090717h

宿泊地のアムステルダムに移動です。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆