2009/09/24

アサガオ栽培

先日アサガオの記事を書いて、「今年はもうアサガオの花も見れないなー」と思っていたところ一通のメールが。

いつも参考にさせていただいているサイト『アボガド日記』のサルマタさんから、「今からでも遅くないですよ」の頼もしい一言。2006年11月4日の日記によると、9月下旬に種をまいたものからかわいい花がぴょこっと咲いています。(日記はこちら)2007年11月6日にもアサガオの花が。(日記はこちら

短日処理

これはなんとも素敵。しかもこの咲き方、以前テレビで見て非常に不思議に思っていた咲き方そのもの。いきなり低い位置で咲いていたので、なにか難しい技術を使ってやっているのかな……と思っていたのです。

さっそく5月にまきそびれた種をひっぱり出してきて、まいてみました。ここでさらにポイントが。本葉が出た頃から花芽を確認できるまで『短日処理』をするんだそうです。

夕方から朝まで箱などをかぶせて真っ暗にすることによって

短日処理

短日処理

とアサガオが勘違いして、花芽がつきやすくなるんだとか。うーん、おもしろい。

今現在のアサガオの様子。

短日処理

そしてこちらは多肉を買ったときのプラ鉢にまいたもの。

短日処理

直径4~5センチの小さい小さい鉢です。これで花が咲いたらかわいいだろうなぁ。

暖かいせいか、5月ごろにまくより成長が早いような気も。一ヶ月ほどで花が見れるそうなので、今か今かと待ち遠しい限り。

しかしこんないろいろなことは、ひとりでやっていては全然知らなかったことで

090924e

としみじみ思いました。サルマタさん、ありがとうございました。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆