2009/06/10

セダムで日陰

クレマチスの根は暑さに弱く、なるべく直射日光にあてず日陰にしておいたほうが良いそうです。

でも、地上の部分は日光が好き。

つまり

090610a

…になるんですが、意外とこの状況をつくるのが難しいのです。なぜなら、クレマチスの根は折れやすい上、一度折れたりするとなかなか復活しないそうで、

090610b

ようなのです。

今までは他の鉢で日陰をつくってみたりしていたんですが、もっとすっきり見せたいなぁ…と思っていたところ、ステキな解決策が。

いつも見ているブログの記事で、「セダムを株元に生やして日陰にする」というもの。セダムはよくしげるわりには根が弱いそうで、クレマチスの根も傷みづらいんだとか。

さっそくセダムを調達します。 たくさん種類があるようですが、多分これもセダムのはず。

090610b

こちら、庭に植えておいたら大繁殖したものです。まさに灯台下暗し。これが活躍する日がきてうれしい限り…。

090610c

…というよりはちぎってきて、株元にポイポイと置いておいたら

090610d

3日程度で自立。

さらに一週間経つと

090610e

花まで咲く気前のよさ。

今年はこれに期待したいと思います。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆