2009/02/25

洗面台の扉の修理

約半年前からゆがみ始めた洗面台の下の扉。重い腰をあげてついに修理することにしました。

090225a

これが閉じた状態。そんなにゆがんでないように見えますが

090225b

ここまでしか開きません。改めて見ると狭いです。この10センチほどの隙間から無理やりカメラを入れて継ぎ目部分を撮ってみました。

090225c

調べてみると、これは「スライド丁番(またはスライド蝶番)」という部品。

090225d

矢印の2ヶ所のねじを調整することによって、ゆがみを直すことができるようです。

090225a

090225e

この左右調整用のねじ。

090225b

090225f

こちらの前後調整用のねじを緩めて扉の位置を調整。正しい位置にしたらねじを締めて終了。このスライド丁番はねじが2つですが、あと1つ「上下調整用」のねじがついているタイプのものもあるようです。

思ったより簡単そうだったのでさっそく調整したのですが、うちの扉の場合、もう丁番そのものがゆがんでしまっている様子。結局直りませんでした。理由はもちろん

090225c

だろうと思います……。早く直しておけば……

とりあえず10センチしか開かないのは不便でしょうがないので、他の方法を考えたいと思います。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆