2008/10/30

ハラペーニョとハバネロ

引っ越してきて、まずやりたかったのが野菜作りです。ほぼ日刊イトイ新聞で紹介されていた、「永田農法」を試してみたかったんです……。

2年目の今年は不織布のポットも手に入れて、自作ならではの野菜に絞って育ててみました。

不織布ポット

↑こちら、不織布のポットと日向土

ハバネロ

こちらはハバネロ。 かつては世界一辛いといわれていたトウガラシです。 (もちろん今でも辛いですが……ハラペーニョの80倍!辛いそうです。)

ハラペーニョ

ハラペーニョはすでに時期を終えて、最後の収穫です。

ハバネロの酢漬け

さて、このまま食べるほど辛いものが得意ではないので、半分に切って種を取り、超簡単に塩小さじ1とカップ半分の酢で酢漬けにしました。

ハバネロもハラペーニョも素手で扱うと後から大変なことになります!

トウガラシもひりひりしますが、やはり、ハバネロ。お風呂に入る時などは激痛でした……

ハバネロ

ハバネロは、9月に入るまでなかなか実がつかなかったので今年はだめかなーと思っていたら、今になって大量に熟してきました。

酢漬けの汁がちょっぴり入っただけでも激辛なのに、こんなにたくさん、何に使ったらいいんでしょう……

ブログランキングに参加しています☆

にほんブログ村 花ブログへ